古代小麦のオーガニックベーカリーです。
パン屋であり、農家でもあります。
スペルト小麦を栽培することからはじめ、
石臼で製粉してパンを作り、薪窯で焼くまでの工程を、
一貫しておこなっています。


 

スペルト小麦全粒粉100%


私たちが育てている古代小麦「スペルト小麦」は、人工的な品種改良がされておらず、体によい点が多くあります。


・ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸などの栄養価が高い。
・良質なタンパク質を含み、腸の消化吸収が穏やかで負担になりにくい。
・デンプンの分解がゆっくりで、血糖値が上がりにくい。
・小麦アレルギーの原因のひとつであるグリアジンが少なく、発症しないケースが多く見られる。


いろいろなメリットがあり、ナッツのような芳醇な香りがして、穀物の風味が豊かなのも持ち味です。そのおいしさや栄養が豊富に詰まっているのは、全粒粉の「ふすま」部分。だから、パンに使う粉は全粒粉100%です。

 
 

 

種からパンへ


原材料にこだわりたいという思いから、スペルト小麦を目の届く範囲で自家栽培しています。体にも環境にもよりよい方法でパンを作りたく、農薬や化学肥料、除草剤を使っていません。秋に小麦の種まきをし、約10ヶ月かけて育て、夏に収穫を迎えます。太陽の力で天日干しをしたのち、熟成期間を経て、パン作りができるようになります。


パン作りは、昔から続く伝統的なスタイル。
小麦は、使う分だけを石臼で自家製粉して新鮮な粉を使っているから、小麦の香りを逃しません。その味わいを活かすため、「スペルト小麦、水、塩」と素材はシンプルです。味に奥行きを出してくれるのが、自家製のスペルト小麦酵母。その酵母と材料を昔ながらの手ごねで仕込むことで、生地へのダメージを最低限にしています。その後、じっくりと長時間発酵をさせておいしさを引き出したら、最後に薪窯で焼き上げます。薪窯から出される遠赤外線によって、中までじっくりと火が通ります。皮はしっかりと焼かれ、その香ばしさがパンの風味につながっています。
種まきをしてからパンになるまで、約1年。スペルト小麦全粒粉の風味豊かなパンを、おいしくご提供したいと思っています。

 
 

 

ベーカリーについて


今のかたちになったのには、ヨーロッパでの経験があります。約2年をかけて、薪窯や手ごねのパン屋、小麦農家などをまわりました。そこで伝統的なやり方に多くを学び、シンプルなパンのおいしさにも改めて気づかされました。二千年前の古代ローマ時代から、自然発酵を用いたパン作りの基本は変わっていません。イタリアのポンペイ遺跡で、石臼と薪窯が残る当時のパン屋を見て、昔ながらのやり方でパンを作ろうと決意しました。


ヨーロッパでは、小麦やナッツ、フルーツ、はちみつなどの生産者の元にも多く訪れました。生産の現場を体験することで、原材料を育てることから始める自家栽培のよさを感じるとともに、農作業を通じて自然とともにある暮らしの豊かさにも気づきました。自然を大切にしながら、その資源を有効活用して、おいしいパンを焼きたい。その思いが、今のグリーン サンライト ベーカリーの元になっています。

 
 

 

商品について



しっかりとした味のあるスペルト小麦は、ナッツやドライフルーツとの相性もよく、プレーンの生地の他、「ウォルナット」「レーズン」「シード(ひまわりの種、かぼちゃの種、ごま)」のパンを作っています。栄養価が上がる上、また違った味わいを楽しんでいただけます。


はじめの数日間は焼きたての香ばしさとフレッシュな味わいで、日が経つにつれ、香りや味に深みが増して落ち着いた味わいに変化していきます。パンは、薄めにスライスするのがおすすめ。霧吹きなどで少し湿らせてから焼き戻すと、しっとりとして、より風味豊かに味わえます。
(パンのスライスは承っておりませんので、ご了承ください。)